うれしい知らせ

IMG_0229.jpg


Kくんから届いたFAX。おめでとう!!!!!!


2001年入試でD中に進学したK君から北里大学医学部医学科に合格したとのFAXが11月27日に届いた。


彼は早生まれ(2月が誕生日だったはず)ゆえ中学受験当時はとても幼い印象だった。

合不合テスト(悪口を言えば「単なるスピード競争」でしかない。)などは受けてもまったく参考にならなかったことを覚えている。(特に国語)


それでも、「個別で国語を教える中学受験塾」を経営するわたしとしては、

作文や読書に逃げて、お茶をにごすわけにはいかない。

持てる技術をフルに駆使し過去問を使って「注意点」「発想法」を徹底的に指導。
その結果「芝中なら、なんとか合格できそうだ」というところまではたどり着くことができた。

合格者平均とほぼ同じ点の国語の過去問の記録が残っている。) 


しかし賢明な彼の御父母は、入学後のことも考え、
「ここで一段、階段をのぼることが彼の将来にとってプラスだ。」と冷静な判断を下し、無理をせず、余裕を持って合格できそうなD中を2月1日の受験校に選んだのだった。


私の子供も2人とも早生まれなので、今回の彼の合格は、私個人の子育てにとっても示唆に富む出来事であった。

・・・と言いながら、自分の子供と冷静に向き合うことはなかなかできないのではあるが・・・。

 

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL: http://zenpo.blog12.fc2.com/tb.php/38-968438b2