FC2ブログ



中学受験=2005年入試日記

2月2日続き 

教室に戻り、筑駒が第一志望のS君の授業。
「渋幕(すでに合格)のほうが栄光よりもいい。」とのことなので、栄光を受けずに、朝から明日への準備に取り掛かる。
(このことが結果的に筑駒合格へのカギになった。) 

彼の場合私の生徒には珍しく、読解力、イメージ力は高いので、設問の情報にもとづく
「方針決定」の確実性が合否を分けることとなる。
(算数は、筑駒志望者のなかでは並なので、国語の高得点は、必須条件)

昼前に一応のけりをつけ、算数教室に送り出す。(彼もサピ生ではあるが、当然算数も個人で=βで、ではないが=習っている。
サピは、土特を中心に「休みまくり」であった。)
 
その後、5日の中等部が第一志望の子達を教えた後、こまばエミナース(筑駒至近のホテル)に移動。栄光を受けてきたN君、午前中も教えたS君の最終チェック。

その間に、朝、現場で「起動」した生徒さん、成蹊を受けたYくんから連続して合格の連絡が入る。興奮のあまり私も大声で「おめでとう」と叫んでしまった。
スポンサーサイト



 

トラックバック

トラックバックURL: http://zenpo.blog12.fc2.com/tb.php/3-d2891727