麻布での最高の毎日


IMG_0177.jpg

先輩後輩の熱い握手(毛の生えた「キモい腕」はぜんぽうです。)


7月29日、麻布で「最高の毎日」を送っています、と語るS君が千駄木教室に来訪。(WITHお母様、妹さん)
まず、麻布(及び筑駒)を目指す6年生2人(大手塾は2人ともS。1人は東京校α1、もう1人は北越谷校=できたばかりでどんな組み分けなのだろう???のトップ・・・だと思うが・・・。)を励まし、熱い握手をかわしてくれた。


IMG_0176.jpg

1998年入試で慶應中等部に合格。慶応高校を1番で卒業、現慶応大学医学部3年のT君が、ぜんぽうと中高6年間で作った英語のノート。
弱点の「ノート化」が習慣になっていました。(左が高校時代、右が中学時代のもの)


そのあと、本日の主たる目的である、勉強法のアドバイスに移る。

ぜんぽうが、S君に英語の勉強の方法についてT君の例を挙げながら説明。
①文法事項を学校の授業を先取りして勉強すること
②弱点、注意点を「ノート化」すること
③ノートは、国語のノート同様、常に見直すこと

を特に指導。言われなくてもS君はメモを取っている。さすがβ(ベータ)卒である。



つづく、かも。

スポンサーサイト
 

トラックバック

トラックバックURL: http://zenpo.blog12.fc2.com/tb.php/27-7f29b011