正しい道を突き進むのみ、です\(◎o◎)/!

12月1日、超難関大学に合格しそうなところにまでやっと到達した※受講生の親御様から届いたメールです。
※2016年3月には中学受験用教材でも??の得点⇒12月9日には2005年センター本試で100点、他教科も本教室で指導。

「名門会で特待生枠を貰い無料で数学を受けられることになりました。」

合格実績ってこうやって出すのか・・・・。
世の中いろいろあります。が(@益@ .:;)ナンダト。
受講生にとってプラスになることが何も(ほとんど)なくても
「ただ」で釣って実績にすればよい・・・、寂しい、つまらない、社会に何の利益ももたらさない、考えだ。

私の教室運営上の基本中の基本は「受講生にとってプラスになること」を「やり続ける」こと 。そして、指導上苦しい時ほど「知恵を振り絞る」こと。
「儲かればよい」なんて一度も考えたことがない。
日経MJで栗山監督が私と極めて近いことをおっしゃっているので、画像を貼っておきます。

2016栗山image
スポンサーサイト
 

トラックバック

トラックバックURL: http://zenpo.blog12.fc2.com/tb.php/259-d7aaf71f