塾の成績にこだわりすぎる御父母様へのメール

 2016チューリップ
春+春(桜とチューリップ)千駄木404教室



塾の成績にこだわりすぎる御父母様へのメールをそのまま転載します。
塾の国語のテストの点が上がらず困っていらっしゃる御父母様にとって極めて有益です。是非お読みください。



 メール拝見しました。ご心配は十二分に理解できます。しかし、

①私の教室では「入試問題」が解ける準備をしているのであって、塾のテスト準備をしているのではありません。

入試に向けてルールを使う練習をしているのですから問題の難度が高すぎては練習台になりません「もともとは得意でなかった生徒さんが解く問題としての有効性」について何の実証もない塾テストの点数にこだわりすぎるのは、正しい判断ではありません。

(塾の5年、4年の国語問題は、これからレベルアップをしようという生徒さんには難しすぎる、という意味です。6年のサピ国語70の生徒さんでも、サピの5年の問題で×がけっこう付きます。「もともと」得意な生徒塾のテストのターゲットなのです。)


②当教室の合格者の同時期の点数(四谷の問題、受験校の過去問などの)は、学習の進み具合を判断するのにきわめて妥当な指標です。
その指標を利用して今まで400人を超える「国語が得意でなかった生徒さん」をご希望の学校に合格させてきたのです。塾のテストは学校別模試以外は「一応の参考にはなるかも・・・」程度のものです。

○○君のこちらの点数は入試本番に向けて順調にレベルアップしてきています。正しい認識、正しい判断、正しい方法で、○○君の合格のため、一緒に頑張っていきましょう。
ご心配なことがあれば、ご遠慮なくご連絡ください。

β(ベータ)国語教室 善方 威
スポンサーサイト
 

トラックバック

トラックバックURL: http://zenpo.blog12.fc2.com/tb.php/237-e5ca6924