FC2ブログ



社会科見学


4月24日(月)から、ぜんぽうは、社会科見学に行ってまいります。(他の先生方の授業は、普通どおりにあります。)


行く予定なのは、
神戸付近=明石海峡大橋、大鳴門橋、明石市立天文科学館、
京都奈良付近(年3,4回は行っているのだが、やはり外せない。)=橿原考古学研究所、吉野、できれば六波羅蜜寺(2回目、「少し品位を欠く清盛像」にもう1度会いたい)
名古屋付近=輪中の郷(長島=輪中で有名な海津市は、交通の便が悪すぎる。)
浜松付近=新居関(開成で、H8ごろに1度出ている)、ヤマハグランドピアノ工場、である。
今までも、中学受験に出題される場所は相当行っているのだが、今回は東海道がらみで未訪問のところをまとめてやっつけてしまおうという作戦である。


授業で教えるにしても、「行って、実際に見てみたらこうだった」というのと、「予習シリーズの○ページにあるから覚えろ」というのでは受講生の反応も、定着度もまったく違う。
また、私の教室の受講生(というよりもその御父母)には
「予習シリーズに載っている場所は、地理も歴史も、ほぼ行き、それについてのアルバムも作りました。」
などというような驚異的に熱心な方(現6年にもいらっしゃいます。ちなみに合不合予備1回目の社会は、偏差値78.2を取っています。)
も少なくない。(教室にアルバムの実物を展示していたこともある)


それゆえ、常に、教える側も、実体験を通じて、授業内容のレベルアップを図る必要があるのだ。


五色塚古墳(予習シリーズ5下P17参照)から、明石海峡大橋を望むIMG_0122.jpg(現地で購入した絵葉書です)

 

スポンサーサイト



 

トラックバック

トラックバックURL: http://zenpo.blog12.fc2.com/tb.php/13-a8a6f565