FC2ブログ



極秘内部文書(❔)大公開=当てはめる力=国語は法的処理や医師の診断と共通する手順で解ける\(◎o◎)/!

国語は、法的処理や医師の診断と共通する手順で解ける\(◎o◎)/!

このことに気づいたことが、25年前の教室開設のきっかけでした。

早稲田大学を代表する司法試験サークル(緑法会)で幹事長を務めるぐらいに目一杯、限界を超えるまで(超えて病気になりましたhttp://zenpo.blog12.fc2.com/blog-entry-313.html)、勉強してきたことがこの発想を生んでくれました。

そして、この視点に基づく指導によって25年連続で魔法的な結果を出してきたのです。

基本的な視点を示した極秘内部文書を下に貼っておきます。(貼ったら「極秘」でも「内部」でもない\(◎o◎)/!)

麻布も開成も桜蔭も、さらには東大も同じ手順で解けます。
参考になさってください。

これに関する本も執筆中。7月ごろ発売です。

※(主な内容)本文の読み取り→物語なら
A成長の物語
Bビンボースペシャル(登場人物にマイナス面がある時の行為と心情)
C愛の物語(親や祖父母の子や孫への行為と心情、神様系でも使える)
Dラブラブスペシャル(恋愛感情)
http://zenpo.blog12.fc2.com/blog-entry-246.html・・・

  →論説なら、
A二元論スペシャル①(理性と感情、客観と主観)
B二元論スペシャル②(自己主張の文化と妥協と協調の文化)
C言語の構造
D時空論(東大現代文で頻出)・・・・
というような類型に当てはめることで、本文が分かりやすくなり誤読解が防げる。

とてつもなく難しく見える文章でも、「大体こんな話かな・・・?」と見当がつけられる。

※設問→設問類型ごとの考え方解き方がある。(教室では教えていますが、ほんの少ししかこれは本に書きません。読解力の本なので。)

極秘内部文書(゚д゚)!
2019当てはめる力image2019原稿mage 
本の草稿=「当てはめる力」の物語に関する導入部分です\(◎o◎)/!



クリックをお願いいたしますm(__)m

 
スポンサーサイト

だまされるな\(◎o◎)/!!塾の成績に(我が子の知的成長と明るい将来のために、妥当な指標を使いましょう=再掲載します。)

 2016成績向上2image 2016成績向上image
設問チェック、〇✖△等の手作業ができてきて、それにより判断も安定してきました

(極めて重要な情報ですので再掲載します。この記事は6年生5月時のものです。この受講生は塾のテストの偏差値はずっと???でした。
しかし、過去問の得点は合格者平均を超えるなど、「国語の真の実力」はついており、埼玉千葉入試は全勝、渋谷幕張に進学しています。渋谷幕張、市川の合格証ですう⇒
http://blog-imgs-8.fc2.com/z/e/n/zenpo/201701261332091ac.jpg

入室以来の頑張りによって実力がついてきているのにサピの国語の偏差値は30台の6年生の受講生。
あまりにも「真の実力」を反映しない偏差値なので、現時点での到達度を判断するため成城中学(四谷大塚80パーセント偏差値=53~56)の過去問を利用してみた。


果は合格者平均71のところ81点\(◎o◎)/!
もともとは国語の成績が???であった受講生のこの時期としては、申し分のない得点をたたき出してくれた。
※因みに、サピの5月マンスリーで偏差値55の「もともとの国語力」がそこそこある受講生は78点。

これを踏まえて、第1希望の麻布に向けての準備に入ることとした。まずは普連土の過去問を利用して、物語の記述の基本を指導していく。

具体的には、「成長の物語」、「ビンボ―スペシャル(登場人物にマイナス面がある場合の出来事と心情)などなど、中学入試の物語文に頻出の「図式」をしっかりと理解させかつ記憶させていくのだ。

そしてこの受講生は麻布の本番では「合格者平均」ぐらいは得点することになる(未来のことではあるが、ほぼ確実)

さて、塾のテスト問題が「もともと素質として出来る子」向けの問題になっておりその時期その時期の受験生の「成長」のためには不適切であるというのは、以前から繰り返し指摘してきたところである。
http://zenpo.blog12.fc2.com/blog-entry-237.html

集団塾も商売なので、「もともと素質として出来る子」の取り合いに奔走し、そういう子向けの問題を出題するのはわからなくもない。
しかし、せめて、日々の努力の結果「それなりの実力」がついてきた生徒さんやご家族のやる気をそぎ、無用のストレスを与えるような出題内容
(入試本番とは違い「ヘンにひねってある」)と本文の文字数、問題数(入試本番と比べ「長すぎ」かつ「多すぎ」)はいい加減やめたほうが良いと思うのだが、いかがでしょうか?

その傾向は、多くの学校の入試本番の傾向ともだいぶ違います。
筑駒も、開成も、桜蔭も、麻布も、スピード競争ではありません。

模試の成績に悩む御父母様、我が子の知的成長と明るい将来のため、塾のテストやクラスに拘泥せず「妥当な指標」を使い「正しい道筋」合格を勝ち取りましょう\(◎o◎)/!

※今春の開成合格者も、サピのマンスリーテストの偏差値は??????でしたが、意に介さず「合格への最短ルート」を進んで成功しています。
(但し、入試本番と傾向が近い学校別模試は極めて良い成績です。http://zenpo.blog12.fc2.com/blog-entry-226.html


下のバナーのクリ
ック是非是非お願いします<(_ _)>


にほんブログ村