台風対応\(◎o◎)/!

今日は早朝から「台風対応」に追われています。

例えば
①遠方の非受験生の授業は、ご家庭の希望があればお休み。
②スカイプ環境にある先生と受講生の授業はご家庭の希望があればスカイプに変更。

※考えてみると、慶應高校、慶応志木高校などの内部進学用レポート作成授業などはスカイプに向きそうである。

③受験学年の受講生には、授業前でも風雨が強まる前に教室に来て勉強するように勧める。自習部屋も用意。
④濡れて来る受講生のためタオルを用意・・・などなど。

いつものことで恐縮ですが、
「受講生にとってプラスの事柄はすべてやる」という姿勢で臨んでいます。


先日いただいた残暑見舞いより。ほめていただいて「照れくさい」「はにかむ」(決め言葉集より)といった感じである。・・・プライバシー保護の見地から個人名は消してあります。
2016残暑見舞いimage  
スポンサーサイト

お盆も授業中です。

お盆の時期も、受講生、特に6年生のことを考えたら休んではいられない
ということで、例年通りお盆の特訓授業を行いました。その画像をアップします。

なお、手前のの仏像は、中学受験後も継続している現大学受験生に日本史選択者が何人もいるので、彼ら彼女らの勉強のため(実感を持たせ記憶を確実にさせるため)に購入した教材です。

大きなほうは、「元、山田寺の本尊」、「現、興福寺に展示されている」「仏頭」。山田寺を創建したのは「大化の改新後の右大臣」である「蘇我倉山田石川麻呂(そがのくらやまだのいしかわまろ)」。

小さなほうは、「広隆寺」「弥勒菩薩」「半跏思惟像」。
「」は大学受験の日本史では必須知識です( ;∀;)。

正直、細かすぎる知識が要求されているな・・・、とは思うが、現場にいる以上
受講生のプラスになることは何でもやる\(◎o◎)/!という気構えでやっています。

2016お盆の特訓08061142000