うれしい知らせ(東京大学など合格)

2008年中学入試で麻布に合格した生徒さんのお母様から、2014年3月12日、うれしいメールが届いた。

「善方先生、ご無沙汰しています。お元気でいらっしゃますか?

先生に麻布へと導いていただいてからはや6年

その時の合格証です
107.jpg 
、先週無事卒業式を終えることができました。麻布での生活は、彼にとって最高に楽しかったようです。

そして、一昨日ようやく試験の発表があり、
東大文Ⅲに進学することになりました。(中略)
久し振りに先生に会いに、息子と一緒にそちらへ伺ってもいいですか?

お忙しいことと思いますので、少しでもお時間のとれる曜日とか時間がありましたら、教えてください。」

同年の入試で筑駒に合格した生徒さん109.jpg
からは10日に速攻で電話をもらっているし(東大文Ⅰ)、
丁寧に長文の手紙をくれた富士見(東京都市大)の生徒さんもいる。

高額な授業料をいただきながら感謝されて仕事をしていられる自分は、本当に幸せ者である。

ということで、今日も授業頑張ります。

 

 
スポンサーサイト