台風⇒今はもう秋

台風の影響でずぶぬれで来る生徒さんがいるだろう…と思って準備したタオル。幸いなことに無駄な準備となりました。
DSC01298.jpg
DSC01299_201309161652096ad.jpg
 で、外に出てみるともう秋の空気。千駄木404教室教室の花も秋桜(コスモス)に変えてみました。
 
スポンサーサイト

中学受験まであと5か月を切った\(◎o◎)/!

絶対に合格させる007久我山DSC01290 

中学受験まであと5か月を切り、受験生、そのご父母にとっては大変な時期となってしまった。

この時期になっても塾の点数や偏差値(これは定「量」的情報)に拘泥しているようでは、びっくりするような結果は到底得られない。

もうここからは過去問・過去問・過去問である。大衆塾、集団塾に行く「暇」などあるわけがない。  

※過去問からは、定「性」的情報が得られる。学校ごとに問題が大幅に違う中学受験では定「性」的情報が決定的に重要である。

①「取れそうな問題」とそれ以外、の判別
②「取れそうな問題」を落とした理由の探求とその対策の実行=上のFAX画像の☆印


以上2点をどこまで徹底できるかが合否を分ける。

上のFAX画像の日付けをご覧ください。

こんなところからでも心が折れることなく頑張れば合格(合格証はFAXの生徒さんと同一人物です)を勝ち取れるのです。
  
 

(おまけ)

過去問が重要なのは算数でも同様である。

従って、算数理科の先生方とのやり取りもこんな風になる。 (実物のメールです)

「平成12年度東邦算数41点でした。合格者平均76点受験者60点です。
よろしくお願いいたします。深見」

「初の東邦だし、思ったよりは良いですね(^.^)
 
1月受験は受験者平均+αで合格ですので可能性ありますね。
国語は何としても合格者平均を上回る点を取らせます。

算数は彼女自身の能力で最大限やって何点ですか?
よろしくお願いいたします。 善方〓ZENPO」

「現時点でどのていどのミスでどのくらい改善出来るかは次回の授業で確認します。深見」