とっても親切な\(◎o◎)/!深見先生

003その2本駒込    本駒込教室の授業風景 (気分よく勉強できるようにゆったりとスペースを取りました)

本駒込教室の自習スペースは算数科主任の深見先生が管理しています。
(授業報告の例はこちらhttp://zenpo.blog12.fc2.com/blog-entry-115.html
 


深見先生へのメールをご紹介します。 教室の雰囲気を読み取っていただければ幸いです。


「深見先生

先週からお世話になっております○○の母です。

パソコンの方に返信をありがとうございました。

明日は1時から自習室が使用できると思っていたので、11時から歯科の予約を入れております。なので、予定通りに1時位から自習室を使用させて頂くと思います。

先生のおっしゃる通りに、張り切り過ぎず、○○の様子を見ながら少しずつ自習時間を増やして行きたいと思います。

宜しくお願い致します。 」(品川区から本駒込に通ってくれている5年生のお母さまより)


「深見先生

ご連絡ありがとうございます。また、いつもご指導いただきありがとうございます。

おかげさまで、先生のところで自習させていただくとき時は集中できると申しております。家でも以前よりは自発的に宿題に取り組むようになっております。

引き続きご指導よろしくお願いいたします。」(学習院中等科の生徒さんのお母さまより)
 
スポンサーサイト

まじめすぎるほどまじめな教室=授業報告の例を載せてみます

先生からの授業報告の例(最新版)を掲載します。
ハイレベルな授業を展開してくれています。

私、責任者ぜんぽうはすべての報告に目を通し、先生にアドバイスを送ったり不明な点を質問したりして、「私以外の先生方の授業のさらなるレベルアップ」
図っています。
003_20101018185347.jpg

本駒込教室の理科の教材。太陽系の星の動きを実感するためのものです。

授業報告の例その1 (小5の生徒さん)


【指導内容】
<国語>
読解ベスト10 物語文(第6 回)
「一房の葡萄」 『有島 武郎』
・行動の理由の把握と記述式答案作成
・副詞と連体詞に関して
・形容動詞に関する復習
・記号穴埋め問題(擬態語)
読解ベスト10 論説文(第6 回)
「ことばの力」 『川崎 洋』
・語句の意味用法
・記号穴埋め問題(一文の挿入)
【ノート】
文法事項 副詞と連体詞
【宿題】
読解ベスト10 物語文(第7 回) 論説文(第7 回)
設問チェック、本文手作業をきっちりやって下さい。
前回と同様な方法でFAX送信して下さい。
【所感】
一房の葡萄:50/70 とよくできていました。主題、主人公の気持ち等は概ね読み
取れていたようです。語句の知識や文法事項の知識を補っていく必要があるようで
す。
ことばの力:53/60 と大変よくできていました。読解部分に関しては得点表示通
り大かたできていました。やはり語彙知識や文法知識が不足しているようです。
今後それらを重点的に補っていこうと考えています。


授業報告の例その2(受験終了後も継続の豊島岡中2の生徒さん)

<授業内容>

数学体系問題集 

③ 数学新演習

<宿題>

数学新中学問題集  

数学体系問題集 

(②については5 月21 日までにFAXしてください。)

<所見及び今後の方針>

数学体系問題集(幾何) P14 37番 中点連結定理を利用するパターンについて応用事項を学習しました。

② 数学体系問題集(幾何) P14 39番 相似な図形と一次方程式の関連についていくつか応用事項を確認しました。

数学体系問題集(幾何) P14 40番 証明問題について確認しました。線分の比と平行線の関係について指導しました。

数学体系問題集(幾何) P15 41番 線分上の点と比の関係について基本事項を学習しました。比例式について確認しました。

数学体系問題集(幾何) P15 44番 線分上の点と比の関係について基本事項を学習しました。異なる比の整理について基本事項を学習しました。

数学体系問題集(幾何) P16 45番 平行線と線分の比について基本事項を確認しました。相似比の利用について指導しました。 

理科プリント 26番 レンズによる像について学習しました。相似な図形を用いて焦点距離と位置の関係についてについて確認しました。

 本日は物理の応用問題と幾何の相似問題について指導しました。次回は5月22日(火)16:30~18:30です。




授業報告の例その3(小6の生徒さん)

【指導教科】

国語

【指導内容】

・二元論

・選択式問題

【ノート(プリント含)】

なし

【宿題】

・『国語/読解ベスト10

 →FAX解答

・指示語・比喩の問題の解き方を覚える

【所感】

暗記の作業を毎日行うというのを守ってくれたようで、お陰で問題を解く方法が大分頭に入りました。その結果、特に接続語の問題はかなり正答率が上がっています。○○君自身もそこは実感できているようなので、問題を解く力の面でも気持ちの面でも上向きになってきました。

具体的なところでは、宿題として解いてもらった問題の正答率は6割弱にまで上がりました。これは以前にも扱った問題ではありますが(そのときはほとんど正解することができませんでした)、問題はあまり覚えていないようでしたし、間違えた問題でも惜しい間違えが増えていましたので、この点数を成長と解釈して良いでしょう。ただし、落としてはいけない問題にも間違えが見られましたし、正解はしていても解く方法がきちんと分かっていない、つまりは次に解くときは間違えるかも知れない問題もありました。そのため、まだまだ安心はできません。

ここで気を抜くことなく、上向きになった状態をキープしていけるように精一杯指導してまいります。