{はじめに3}ぜんぽう君、ありがとう

IMG_0189.jpg  巨大アンモナイトの化石です。 

これが展示されている「いわき市アンモナイトセンターhttp://ammonite-center.jp/index.html」は 、教室内では人気スポットです。



「田山先生から『ぜんぽう君、ありがとう』という伝言です。」
と、近所の鮨屋Nで、W弁護士から突然言われた。

(W弁護士⇒早稲田大学法学部、および緑法会=早稲田でトップの司法試験受験サークル、の後輩。私はこの緑法会の幹事長でした。)

田山先生は早稲田大学副総長早稲田大学法学部長という「大先生」である。
そんな偉い先生が私(なんか)に伝言とは???とくわしい話を聞いてみると・・・。


当時、新進気鋭の学者で多忙だった先生はゼミの遅刻が多かった。
その先生に対し、田山ゼミのゼミ生だった私は、
「学生は先生の授業を楽しみにして、しっかり予習もしています。先生もお忙しいのはわかりますが、私たち学生の気持ちを汲んで遅刻をしないようお願いします。」などと、大胆なことを申し上げたらしい。(私はまったく覚えていない。先生申し訳ありません。)


それを覚えていてくださった先生が、W弁護士に、「ぜんぽう君のおかげで、反省できたと伝えてくれ」と伝言を託した、ということだそうだ。


副総長、学部長になるような人は、耳に痛いことでも素直に聞き入れるだけの度量を持っているんだなあ・・・と、いたく感心し、そんな先生を少しでも見習わねばと、決心するぜんぽうであった。

(それがなかなかできないんですよ~~!!
深見先生=算数科主任=私より10歳位年長に「その短気を直せ!!!!」と、いつもしかられています。)

 
スポンサーサイト