新年おめでとうございます。

2010年鈴木先生ご夫妻作おせち 002

    鈴木先生ご夫妻作、2010年のおせち。
算数の指導の切れ味と同レベル!?の包丁の切れ味 \(◎o◎)/!




新年あけましておめでとうございます

新年といっても、受験生にとっては入試直前の極めて重要な時期である。それゆえ、元日に休んでいるわけにはいかない。

今日も10時から恒例の社会科特訓(2組目)である。
また、横浜菊名教室でも疋田先生が元日にもかかわらず授業をしてくれている。(ありがとうございます\(◎o◎)/!)
さらには、千駄木教室の自習スペースにも午前から3人の6年生が来て勉強している。

 

元日に休んでいるような気構えでは「夢のような学校」に合格できるわけがない。
(と、自分に言い聞かせて自らを鼓舞している。)

合格速報はこちらです⇒http://nigenron.blog61.fc2.com/

次に休めるのは直近で2月5日ごろ。


1月10日の栄東(朝から入試現場近くで最終チェックをします)に始まり、14日浦和明の星、20日市川、27日ラサール。

(さすがに鹿児島には行きません。鹿児島からのFAX答案を検討して、メールと電話で最終チェックをします。)

東京入試開始後は、
2月1日は開成と麻布の現場で、それぞれ最終チェック。
2月2日朝は豊島岡、2日夕方と3日朝には、渋谷駅真上のホテルで夜・朝と筑駒に向けての最終チェックの後、慶応中等部の現場に、受講生と一緒に行く、こんな感じになりそうだ。

いざとなったら6日は東海(名古屋まで行って最終チェック)なのだが、それは避けたいところだ。


(学校近くのファミレス等で、心配そうなご父母の脇でニコニコしながら受験生と話している=注意点の最終チェック中=おじさんがいたら、それは私かもしれません)


連日休み無しの授業、それに加えて入試現場での最終チェック、

受講生のため何としても頑張らねば・・・。




こちらは、12月31日の社会科特訓1組目
(通常授業はすべて1対1です)。
撮影用に、「必死に勉強しているふり」をしています。


受講生は各自、バインダーノートに重要事項をすべて「ノート化」してあります。
これが直前の追い込みに圧倒的な威力を発揮します。

2010年正月特訓 001その2 



最終チェックとは⇒http://zenpo.blog12.fc2.com/blog-entry-97.htmlの下の画像をご覧ください。

苦手だった国語で、必ず「ホームラン答案」を書かせてあげるのは、並大抵のことではないのです。 
スポンサーサイト