スーパー新人講師登場!!

IMG_0319.jpg
Y先生一家の記事が、アエラ(2007・6・11)に掲載されました!!

6月8日金曜に、新しい先生(Y先生)の面接を実施した。


わたしは国語系のサイトを常にチェックし、特に有能(そう)な先生には、メールをお送りして情報交換や講師就任をお願いしている。


(現在白金高輪教室の室長である引田(ひきた)先生も、じつは上述の流れでβ(ベータ)で指導をお願いすることになったのです。
先生は、わたしからのメールや教室のHPを見たときは,
「自分がここで通用するのか??」と、相当びびったそうですが、
今やその能力の高さと熱い心で、β(ベータ)の中心的な先生の1人となっています。)


このY先生とも以前1度メールのやり取りをしたことがある。このときはY先生が神戸在住だったこともあり実際にお会いすることはなかった。
しかし今回、Y先生は息子さんの理Ⅲ(!!!!)合格(息子さんの勉強のサポートも相当なさったそうです。)を機に、一家で東京に転居なさったのである。


その転居をY先生のHP上で察知したので、「これはチャンス到来」とばかりにわたしからご連絡し、β(ベータ)で講師として指導することをお願いしたのであった。


解き方、発想法の「すりあわせ」も1日で相当進み、β(ベータ)での指導をお願いしてもOKという状態になりつつある。さすがわたしが有能見込んだ先生である。


これで、私の教室におこしになる御父母の「要求水準のあまりの高さ」に起因する講師不足から脱却するための第一歩が踏み出せた。
経営者としては、「ほっと一息」といったところではある。

 
スポンサーサイト

国語苦手星人の大逆襲

131.jpg 
 
とってもわかりやすい成績向上例(国語の偏差値が、あっという間に、麻布志望者の中で14アップ)を、もと「国語苦手星人」のSくんのお母様がお持ちになったので掲載してみた。

掲載承認済み。念のため。)

(Wアカの麻布向けの模試。9月1日のテストも「国語はホームラン」だそうです。


⇒麻布合格です。(2月4日追記)

108.jpg


塾の成績は、塾のうたい文句とは大分違って、特定の学校の合否とは関係がうすい(問題の質が違うため、当然ではあるが・・・)ので気に「しない」のが教室のスタンスではある。

しかし、この成績向上と成績表の掲載により、ただでさえやる気にあふれているSくん(とお母様?)の
モチベーションがさらに上がった事を考えると、意味のある成績向上であるとは言えよう。

 

(特定の学校の過去問の点数が、もっとも信頼できる指標です。その点数を過去の合格者のそれや、学校側が公表した合格者平均点と比較する事で、合格への見通しが判断できるのです。)



あと半年、麻布前日夜、当日朝のグランドハイアット特訓、そして麻布の現場まで、この調子で突っ走ろう !


追)「僕の答案(成績表)も載せてくれ」との受講生からのアピール続出!
→→夏期特別授業が終わるまで待ってくれ~~。