中学受験のノウ・ハウ本

受験(特に中学入試国語)のノウ・ハウ本はこれまで山ほど読んできた。まったく役に立たないものは結構捨てててきたのだが、それでも教室の書棚からあふれんばかりになっている。

IMG_0134.jpg
全部POST-ITをつけながら真剣に読んだのだが、「本当に役に立ちました。ありがとうございます」と著者にお礼したいのは、以下の2冊(しかない)。

IMG_0133.jpg

どちらも中山治氏の中学受験全般についての本であるが、現在、本屋で見かけないのはなぜだろう?
千駄木、南青山の両教室に「貸し出し用」があるので、興味がある御父母の方々はどうぞお読みください

なお国語のノウ・ハウ本で「これはすごい」と思ったことは一度もない。受講生の皆さん安心してください。
(β方式は、「法的な処理」がその発想のベースになっているので、普通の国語の本が参考になる可能性が低いのは当然ではあるが。)


逆に「困った本をお書きになったもんですね」と著者に申し上げたいのは、「秘伝中学入試国語読解法」である。
中学受験生たちが、この本を真に受けてしまった御父母に教えられた場合、「被害」を受けかねない内容になっている。(当教室にお越しになる前に、熱心さのあまり子供を「被害者」にしてしまった例多数あり)


著者のお子さんがきわめて優秀ゆえ、一般的な中学受験生の発達状況を読み違っているのだ。
その点を除けば、いいことが一杯書いてある本なんですけどね~~~~。

(たとえば、「論説文を二元論的に読む方法」はうまく教えれば、H15までの筑駒、ほとんどの年の渋幕、豊島岡などの入試問題で「答えの見当」をつけるにあたって相当の威力を発揮する。もちろんこの本に、どこの学校の問題で有益などということは書いていないが。)


この本を「そのまま」お子さんに教えようとしても無理ですよ。
(「記述のキソ」も同じような危険があります。)
重すぎるソフトを載せたパソコンのようになってしまいます。


 

 
スポンサーサイト

白金教室開設準備中

南青山教室のスケジュールが極めてタイトになってきた。
この状況がさらに進展すると受講生の方々、および受講を希望なさる方々に迷惑をかけることになりかねない。
というわけで、白金台、白金高輪付近に新教室を開設すべく、5月25日(木)に現地に下見に行ってみた。


ただ、私の教室では、、授業の質を確保するため
「御父母からいただいた授業料7割程度を先生がたに支払う」という経営の常識から激しく外れたことをしているので、コスト管理は、厳密にしなければならない。
ぶっちゃけて言えば「駅近で安いとこ」でなければ、経営上到底成り立たないのである。


(7.15追記、ちなみに個別指導の「○ー○○」や「○○個別」などの「大衆向け」のとこは、売り上げに対する講師の人件費率はなんと2割台らしい。
週刊東洋経済2006・7・8、76ページによると、授業料5000円で講師の時給は、なななななんと、1300円前後だそうだ
そんな先生に「できる」ようにしてもらおうというのは、いくらなんでも無理な話(受講生がかわいそう、講師にも酷)である。


今後数週間は、唯一授業の無い木曜に、この条件に合うところを足を棒にして探すごとになりそうである。


IMG_0116.jpg


教材の西陣織(京都西陣「織成館」で購入。製造上の裏話などもうかがってきました)


 

 

「サピ病」に感染??

5月22日(月曜)に千駄木教室で行われた○君(通っている大手塾はS=東京校α1)の算数の授業(鈴木先生担当)での出来事。


○君が設問の意味を理解する前に、「やったことがある問題だ」と飛びつき、とんでもない答えを出してしまった。
それを鈴木先生に指摘された○君が叫んだ。
「おっと、サピ病がでてしまった。危ない、危ない!!」


おいおい、「サピ病」って言葉がSで使われているのかい??(自虐ギャグ??)
中学受験の本番では「サピ病」は無しにしてくれよ~~~。


本人の強い希望により載せてみました(指先も本人のものです)

   ご注意*                    
 IMG_0128.jpg
当教室では、塾のカリキュラムへの配慮はいたしますが、塾のクラスを上げるための勉強、一切いたしません
(そのような勉強は、合格および学力向上との因果関係が薄いからです。)

 
続きを読む

工場見学と中学受験


4月24日からの社会科見学で一番勉強になったのは、なんといっても浜松のヤマハグランドピアノ工場である。
並外れた技量をもっているというわけではない人たちを使って、複雑極まりない機械を、安定的に作る必要がある工場。
もともとは特別いい成績というわけではない受講生たちを難関校に合格させ、合格後も困らないだけのノウハウを身につけさせる私の教室。
この共通性からすると、工場から学ぶべきことが多岐にわたるのは当然といえば当然である。


しかし、この視点からメモを取りまくったり、質問をしまくったりしていた私の行動は、異常だったらしく、案内担当の方からは「怪しい人を見る目」で見られてしまった。
私は産業スパイじゃないですよ~~!!


{事務連絡}社会科見学旅行のお土産は、秋の正倉院展で有名な
奈良国立博物館の「下敷き」です。

受講生でまだもらっていない人は、担当の先生に、申し出てください。
100枚買ったので、漏れなく全員にさしあげますIMG_0117.jpg