算数の「起動プリント」

068.jpg 
 
算数のテスト開始時に、スムースに頭を動かすための「起動プリント」を準備しました。お母さま方の評判も上々です。

以下メールの引用です。

「効果テキメンでした〓成城学園過去問100/60でしたが頭の中が整理されたらしく、逃げる問題はうまく逃げできなければならない問題を確実に取れました。先生にも誉めていただきました。欲を言えば後5~10点上げて確実にしたいところです。頑張りますので何卒よろしくお願いいたします。 」


「本人は難しかったと言っていたので、ホッとしました。先日の難関校首都圏模試では、起動プリントのおかげで、初めて模試で算数の偏差値がでました。(算数のみですが〓)
本当に素晴らしいプリントだと、改めて実感しました〓」

授業の合間に順次お配りしています。まだ届いていない方はぜんぽうまでご連絡ください。


 
スポンサーサイト

算数理科授業報告の例



003_20101018185347.jpg
  ☆
本駒込教室の天体模型です。天体が苦手な受講生も実感がもちやすくなります。


一人ひとりの実情に合わせて、こんなに緻密にやってます\(◎o◎)/!
ぜひご覧ください。 (サピをを夏まででやめた生徒さんです⇒2011入試早稲田学院最上位で合格、慶応中等部も合格\(@_@)/)

授業風景はこちらです⇒http://zenpo.blog12.fc2.com/blog-category-9.html


<授業報告・7月18日>○○様
 昆虫1:12点/12点
 昆虫2:11点/13点
 天体A1:100点
 ポイントノートの確認
 見本ノートの確認(1問中0問正解)
 算数プリント 第23回の直し
 H18週例テスト理科6年上第16回c問題:57点/70点の直し
 H17週例テスト理科6年上第17回c問題:42点/70点の直し
 演習問題集6年上(応用編)
第8回応用問題A〔1〕〔2〕〔3〕
第8回応用問題B〔1〕
<夏休みの学習について>
 理科は、暗記プリントとメモリーチェックを使って知識の整理を行います。
 H18週例テスト理科6年下を使い、単元別の復習を行います。
 算数は、現在行っている算数プリントに加え四科のまとめを使い、基礎問題でのミスを無くすようにします。
 理科、算数共に8月の下旬ごろから入試問題を始めます。
<自習時間の課題及び宿題>
 算数プリント 第24回
 四科のまとめ算数
〔1〕~〔7〕(P6~P18
 H18週例テスト理科6年上第17回c問題
 H18週例テスト理科6年下第1回bc問題
 昆虫3,4を覚える(次回テスト)
 暗記プリントA1,2,3を覚える(次回テスト)
 見本ノートを覚える(次回テスト)
 ポイントノートを覚える(次回テスト)
<今後の授業>
① 7月25日(日)15時30分(授業前に確認テストを行います。遅くとも14時までには来てください)
② 7月31日(土)10時
③ 8月 4日(水)13時
④ 8月10日(火)15時30分
⑤ 8月16日(月)15時30分
⑥ 8月22日(日)15時30分
⑦ 8月25日(水)15時30分
⑧ 8月31日(火)15時30分
 

算数のノート作り

浦和明の星 008 


うちの受講生が多数通っている算数教室の責任者、望月先生の本が出ていたので速攻で研究しています。

望月先生のところは、集団指導の教室です。特に図形の指導が素晴らしいそうです。(筑駒合格、数学は筑駒でトップクラス、のベータ受講生のお母さまからの情報です。)

ベータの受講生は、個々人の弱点については、私の教室で個別に先生について徹底して能力を伸ばしています。



算数科主任の深見先生にも検討を頼んでおいたら、このようなメールが来ました。 

「算数のまとめノートありがとうございました。
途中まで読みました。気がついた点をお知らせいたします。

P1の下から6行目
「いくらきちんと書いても使えないノートは意味がない」
これは最もなことで忘れることを前提にノートを作っているので実践済み

P13 
誤りの図と正解の図を並べています。これは誤りだと説明はしたりしますが
このようにはっきりを示したことはありませんでした。これから実践します。

P30
2冊のノートを使いこなすは、これは実践済み。(私の場合は3冊)

P32
「方眼のノートを利用する」
これはフリーハンドと関係しますが、枡目があると少しの狂いが目立ち書き直したり
するとかえって時間がかかりますので、無地のノートのほうがよいと考えていました。
ポイントノートにおいて、生徒は用意したものを使っているので、無地、普通の罫
線、 方眼のノートなどまちまちです。これを読んでみると方眼のほうがよいのかなと思っ
たりします。
P34に小6の夏以降は無地のノートと書いてありますので、
生徒に よって違いがあったりするかもしれません。今後さらに考えます

P39
「複数解への意識とまとめ」これは昔から言われていることでもちろん実践していま
す。

P48 「今からでも遅くない、自分で書こう」
大賛成です。平面図形の問題は全てノートに写してから考えるように指導しています。


P66
「読んでわかるではなく見てわかる」「気合いを入れて数字を書く」その通り実行し
ています。

この本の主旨は集団授業における生徒に対してのノート作りのアドバイスです。
β(ベータ)での個人指導におけるノート作りとは若干違いがあるように思います。

望月先生は、生徒に作らせて成長を見守っているようです。
私(深見)は、今の私が考えられる最善の解法(表現方法)を、生徒に書かせています。
見本ノートの場合は、私が気合いを入れて授業中に完成させています。それを覚えさ
せています。
参考になるところがいくつかあります。早速取り入れていきます。
何か所か気になる点があります。詳細はお会いした時に説明します。 深見」

算数業界は日進月歩で進歩しているようだ。



それに引き換え国語業界は・・・。出版される国語本から得るところはほとんどない。ドキドキするような国語の解き方本を読んでみたいものだ。

自分で書くのはノウハウの盗用が怖いんですよね~~~~。小心者で本当にスミマセン。



 

 

☆NEW☆初公開\(◎o◎)/!算数理科の授業報告の例

092.jpg 

 各教室に張ってある「伝統工芸」のポスター。授業の前後に確認してください。 (拡大できますよ)



初公開\(◎o◎)/!

算数理科の授業報告の例(深見先生)=愚直な努力の繰りかえし=こ~~んなに綿密にやっています。

l  暗記プリントのテスト

暗記プリントC1:8点/8点

暗記プリントC2:8点/8点

暗記プリントC3:7点/11点

暗記プリントC4:7点/7点

l  H10・慶應中等部 算数:73点\(◎o◎)/!/100点の直し

(7年前に慶應中等部に合格したK君は46点でした。)

l  H10・慶應中等部 理科:46点/100点の直し

l  H14・晃華 理科:26点/50点の直し

l  H17・週例テスト理科5年上・第17回bc問題:51点/70点の直し

<宿題及び自習時間の課題>

l  直しノートの作成

H10・慶應中等部 算数

l  暗記プリントC5,6,7,8を覚える

 

算数

l  上記のテスト結果でも分かるように今の力で入試問題に対応できますので、入試問題を中心に行います。出来なかった問題を直しノートにまとめて、後日理解できたかを確認します。

l  四科のまとめは50単元のうち46単元まで復習を行いながら進んでいます。今後は最後まで済んだら、出来なかった問題を出来るまで繰り返していきます。

l  サピックスのDaily Supportで必要な単元を課題にしていきます。

l  算数プリントは一通り終わりましたので今後はできなかった問題をできるまで繰り返していきます。

l  単元別復習テストで基礎の確認を行います。

l  単元別問題集はすでに一部使用しています。今後も必要な単元を行います。

理科

l  暗記プリントCで全範囲の基礎を確認します。暗記プリントAは動物・植物・天体の要点79、暗記プリントBは物質とエネルギー・地層の要点79でABはすでに一部使用しています。暗記プリントCは全範囲のまとめですので最後までやります。

l  上記の知識の確認のため、日能研のメモリーチェックを時期をみてを始めます。

l  天体、まめ電球、力学、化学計算、光の進み方などの入試問題で作った単元別テストをすでに始めました。

l  週例テストの復習は5年上まで終わっています。5年下以降はa問題だけにして進めます。

l  入試問題はまだ点が取れませんが行ないます。直しの中で覚えていない重要な事柄をポイントノートに書きとめています。これは入試直前や当日に活用します。

 

 

中学受験=算数の事務処理の安定その2

きょう3月20日、算数の事務処理を安定させるための研究会の2回目を実施した。(深見、鈴木、田中各先生とぜんぽうが参加。約2時間)

開成、麻布などの「発想系(非パタ-ン系?)の算数で見当をつける方法」について、いろいろな、視点、観点が得られた有意義な会であった。

それぞれ、いろいろな塾や家庭教師センターの「トップの先生」たちだけあって、経験にもとづきいろ。んな創意工夫をしているものである。
その内容は、すべてメモを取ったので、打ち出して、教室の共有のノウハウにする。

「SやYなどの大手塾では、限定的にしか教えてないダイヤグラムだが実は・・・・相似・・・逆比・・・。」など、その具体的な内容は、当然、「秘密」である。

追)あさって22日は、国語の記述問題の研究会である。私以外の先生でも、御三家などにバンバン合格させられるようにするためである

 
中学受験国語個別   中学受験国語個別     中学受験国語個別 

 

医学部 数学 個別 医学部 数学 個別 医学部 数学 個別 医学部 数学
医学部受験、数学の超エキスパート、O先生が、復帰しました。 (2008年5月追記)


もと、あのS台模試、数学総責任者(作問、解説、監修)。

1対1の指導で、医学部合格約50名!(集団なら300名程度医学部合格)

東京大学法学部卒。

中高生で、絶対に数学を伸ばしたい方は、ご相談下さい 。

(千駄木教室、本駒込教室、または武蔵野線方面、新松戸付近となります)

 
⇒5.29に、2件、ご相談いただきました。ありがとうございます 。⇒6.4に木曜、日曜1各コマ 決定しました。

 ⇒さらに、6.12に、日曜1コマ決定しました。 日曜、残あと1コマです。

まだ、火、土にも空きコマあります。


医学部 数学 個別 医学部 数学 個別 医学部 数学 個別 医学部 数学 個別

 

 

中学受験=算数の先生方との研究会

IMG_0175.jpg教材の岩石標本(千駄木教室にあります)

中学受験のプロ中のプロである、ウチの先生方。

例えば、算数のS先生はM門会の、国語のH先生はena、それぞれトップの先生である。

また算数のM先生は、S台模試の作成者である。

さらには、Kの教育社の算数の過去問解説主幹の先生も私の教室の先生である。

彼らは、それらの塾のビラやHPのトップに載ってはいる。

しかし、実際は中学受験指導の大半をベータ

http://www.beta-kokugo.co.jp/

で行っているのである。



さて、私の教室はベータ「国語教室」といいながらも、実際は、ほとんどの生徒さんが算数(理科)も受講し、集団塾ではできない
「個々人に合った形での弱点補強や学校別の対策を行っている。
そして、そのレベルアップもまた、受講生の実力向上→中学受験合格には欠かせないことである。


というわけでウチの算数講師の先生方と中学受験=算数の事務処理を安定させるための研究会を実施することにした。(3月7日実施。深見、大木、増田各先生とぜんぽうが参加。次回は3月20日)その項目はおおよそ以下のとおり。
①判断を多段階にする
1)見当をつける
2)確定する
3)答案化する 

②各段階で論理的に考える
1)中学受験=算数の「設問でよく使われる言葉」から抽き出せる発想を前もって準備する
2)中学受験の本番直前に頭を起動するための「ノート」を作る方法

③手作業の重視
1)設問チェック
2)コーチング




上述の優秀な先生方を何人も集めての研究会は初めてであり、正直、「空回り」の心配もあった。

しかし、皆、熱心にメモを取りながら積極的に発言してくれて「やった意味があった」という充実感が残る会であった。


この内容はすべて打ち出して次回20日の資料にする。今日15日はその校正を授業終了後にしなければいけない。入試が終わっても忙しい毎日である。